稽古は大量に汗をかきます

痩身が目的で話題ヨガを始めました。

その前は補填カロリーを食い止めるだけのいわゆる《減量》でウエイトを維持してきましたが、まずは限界があるのと、筋肉をつけて交替を良くするほうが健康にも可愛く総合的に必要だと感じたので始めることにしました。

月に8回ほど工房に通って稽古をしています。

一斉の稽古時間は1チャンス。
それだけもボディーがスッキリして、日々のリラックスは実感できましたが、
《筋肉を塗る》という本来のターゲットは、半年続けても達成できずにいました。

そこで工房で稽古を受けるだけではなく、日々寝る前に家でもヨガをすることにしてみました。
家でやる場合は10食い分傍。ブレイクタイム数で言うと8ブレイクタイムだ。
そうしてブレイクタイムを合計終えた先々、最後に腹筋を20回。
すると、程なくして筋肉量が増えてきました。

家屋におけるウエイト全は、ウエイト/ボディー脂肪の他に、筋肉量や骨量等も測ることができるのですが、
筋肉量の枚数がわずかながら増えてきたのです。具体的には33・3キロから33・5に。

単に0・2ではありますが、今まで極めて変わらずでしたので、それには結構一安心を感じました。
工房稽古は大量に汗をかきますし、教官の指摘もあるとないでは大違いなので
もちろん重要なのですが、それとは別に毎日行うことも大切なのだなと感じました。

因みに、明らかに目線で見て『筋肉がついてきたな』といった実感した部位はふくらはぎだ。
お腹はいまだに肉がついているステップなので、がんばって腹筋の頻度を付け足し贅肉を筋肉へ変えていきたいだ。
最終的にはウエイトの枚数自体ではなく、『引き締まったボディー』にかけていきたい。
補足ですが、ヨガはクラブでの筋トレや凄い運動とは違うので、ダイエットしたいのであれば
ある程度の減量も必要です。(と言っても過食をしない・スナックを除ける規準ですが)
余裕健康的な痩身を考えて掛かる方には、絶対にヨガがオススメです。頭皮の痒み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です